取り扱い業務

ホーム > 取り扱い業務 > 医事紛争・医療法務

医事紛争・医療法務(医療機関側)

当事務所は、数十年にわたり県内外の医事紛争(いわゆる「医療過誤」訴訟・交渉)における医療側の代理人として、適切な医学的知見に基づく紛争解決がなされるよう活動しております。また、近年の医学の進歩に伴い、最新の医学的知見や判例についても、勉強会などにより日々研鑽を積んでおります。

また、顧問契約を頂いた医療機関に対しては、医事紛争のみならず、病院にまつわる様々な法的問題点につき指導・助言しております(詳しくは【顧問契約について】をご覧下さい)。

  • 医事紛争における代理活動(訴訟前の示談交渉・訴訟代理)
  • 患者クレームへの対応
  • カルテ開示・証拠保全への対応
  • 医療安全に関する指導助言、講演
  • 診療報酬の請求(支払督促作成・訴訟等)
  • 医療機関における労働問題への対応(懲戒・セクハラ対応等)